TOP > 制約理論(TOC)でできること

制約理論(TOC)でできること

制約理論は、1970年代末にイスラエルの物理学者であるゴールドラット博士がトヨタ生産方式のエッセンスを抽出して開発した工場の生産性向上のための理論です。
「工場の生産性は、ボトルネック工程の生産性を超えることはない」と「部分最適の総和は全体最適にはならない」という二つの考えを基に、ボトルネック工程に全体を従属させることで在庫削減と生産リードタイム短縮を実現しました。
制約理論はどんどん進化し、さまざまな分野に応用されています。制約理論は現在も進化し続けています。

目的 フレームワーク 概要
工場の改善

DBR (Drum Buffer Rope)

ボトルネックに注目して在庫削減と生産リードタイムを短縮する考え方

S-DBR (Simplified DBR)

DBRを単純化した納期遵守率向上の考え方

スループット原価計算

適切な意思決定に使える原価計算
プロジェクト期間短縮

CCPM (Critical Chain Project Management)

プロジェクト期間を理論上25%短縮する新しいプロジェクトマネジメント手法
TOC思考プロセス

Cloud

対立を解消する際に使用する図

Branch

因果関係を論理的に解析する際に使用する図

Ambitious Target Tree

意欲的目標を作る際に使用する図
新しい売り方の創造

Viable Vision

顧客とWin-Winの関係を構築してビジネスを発展させる考え方

小売業の売上向上

Replenishment
在庫削減と欠品防止を同時に行う考え方
子供にTOC思考プロセスを教える TOC-fE (TOC for Education) 教育者が子供にTOC思考プロセスを教育する方法

弊社代表取締役は、社会人向け大学院で上記の内容を教えていました。